岐阜大学 次世代金型研究会

事業計画

令和3年度次世代金型研究会事業計画

1 総会 1回開催する。
2 研修事業 (1) 講演会の開催
総会時に合わせて、講演会を実施する。
講演会予定回数 1回
(2) 金型技術セミナーの開催
岐阜大学地域連携スマート金型技術研究センターが、令和3年度に公募提案している「地域産業デジタル化支援事業」で計画している、DX(デジタルトランスフォーメーション)関連セミナーに参加するとともに、最新の金型関連技術にかかるセミナーを開催する。
DX関連セミナー
○ DXの展開事例等
○ 次世代生産システムの普及展開等
金型関連技術セミナー
○ 板金プレス金型関連、射出成形金型関連
板材・型材・トライボロジー、絞り・せん断加工等
最新の内装関連技術情報等
参考:地域産業デジタル化支援事業
この事業は、地域経済を牽引する企業のデジタル化を支援し、地域の高生産性・高付加価値企業群を創出・強化することを目的として、企業、事業管理機関(岐阜大学)、IT企業等が連携して取り組む、新事業実証による地域産業のデジタル化のモデルケース創出、地域への横展開を目指す事業。
3 競争資金獲得支援事業 国・県等の公募型競争資金獲得をめざす研究会会員に対して、提案書等の作成に係るアドバイス等を実施する。
○ もの補助提案企業支援 6件
○ 事業再構築補助金提案企業支援 6件
○ 新規サポイン提案企業支援 2件
4 情報提供事業 次世代金型研究会のホームページを更新して、タイムリーな情報を会員企業に提供する。
5 IoT普及事業 今年度は、稼働状況監視システムにおける、停止(黄)のデータ内容が目的内容により、各社で異なることから、この点の整理を行うとともに、生産性向上を目指して、IoTを活用しての汎用機出力の標準化や金型企業間での連携(ネットワーク化)等の検討を行い、これらの状況を会員企業に提供することで、各社のIoT化活用の参考に資する。
6 広域ネットワークの構築 経済が広域化・グローバル化するに伴い、自社に不足する技術、ネットワークを有する他社との連携することも必要と思われることから、国内外で金型に関連したネットワークとの連携を図り、広域的なネットワークを構築することにより、参画する中小金型メーカー間の技術・製品やユーザー企業の動向等の情報交換や強みの補完を図るとともに、将来的には技術提携等のビジネス交流へと展開する。
国内
福岡県金型研究会及び静岡県金型技術研究会
シンガポール共和国
シンガポール精密工学技術協会(SPETA)
7 その他 岐阜大学が提案している令和3年度「地域産業デジタル化支援事業」が採択された場合は、当該事業に積極的に参加する。

令和3年度次世代金型研究会収支予算書

収入の部

科目 金額(千円) 備考
会費収入 2,700 @50,000×54社=2,700,000円
特別会費収入 2,000 もの補助等 @100,000円×12社=1,200,000
サポイン @300,000×2社=600,000
その他 @100,000円×2社=200,000
利息収入 1  
前期繰越金 632  
補助金 0  
合計 5,333  

支出の部

科目 金額(千円) 備考
講師等謝金 1,370 アドバイザー謝金 @30,000×5回=150,000
講師謝金 @30,000×4回=120,000
事務局長謝金 @220,000×5月=1,100,000
旅費 245 講師 @25,000×1人×3回=75,000
アドバイザー旅費 @10,000×7回=70,000
事務局旅費 @20,000×5月=100,000
会場借料 170 総会会場借料 @50,000×1回=50,000
セミナー会場借料 @30,000×4回=120,000
負担金 50 SPETA年会費 50,000
会議費 210 総会飲料 @6,000×35人=210,000円
ネットワーク構築費 822 稼働状況閲覧システムサーバ使用料 462,000
ホームページ管理費 160,000
システムメンテナンス費 200,000
雑費 319 借入金支払い利息 24,000
トナー等 180,000
切手代 15,000
その他 100,000
借入金返済金 2,000 加藤製作所返済 1,000,000円
岐阜多田精機返済 1,000,000円
予備費 147  
合計 5,333  

ページの先頭へ